スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連レコードの有無を判定する

02 14, 2014
現在のレコードの関連レコードの有無を判定する計算式で、

IsValid, Count, IsEmpty, Sum, ExecuteSQL の速度はどれくらい違うのか。

検証方法:

1.親テーブルに1000レコードを作成する
2.子テーブルに15000レコードを作成する
3.子テーブルの外部キーに親テーブルの主キーを設定する

親テーブルの各レコードに対し、
関連レコードの有無判定をそれぞれの計算式で行う。
最後のレコードの判定完了までの時間を計測。


1.ローカルのファイルで実行
2.サーバーでホストされたファイルで実行
3.「サーバー上のスクリプトを実行」スクリプトステップを実行


Get ( 現在の時刻 UTC ミリ秒 ) を用いて経過時間をミリ秒まで計測。
それぞれ10回処理を行い、平均値を抽出しています。

FileMaker Pro / FileMaker Go でそれぞれ検証しています。

実行環境:
サーバー
server.png

クライアント
mbp.png
ipad.png

こちらが検証結果です。

140214_001.png
※グラフも FileMaker で作成するようにしました。
Posted in FileMaker
プロフィール

まめちゃい

Author:まめちゃい
FileMaker でご飯を食べています。

最新記事
カテゴリ
おすすめ
Powered by amaprop.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。